こんにちは!

早いもので11月に入り、今年もあと2ヶ月なんですね!

今年はやり残したことが多く、不完全燃焼で終わりそうなスタッフ木原です…

さて、気を取り直して今日は燃焼にちなんだお話をします!

皆さんもテレビCMなどで「脂肪を燃焼する」という言葉を耳にされたことがあるかと思います。

脂肪ってどうやって燃焼されているか気になりませんか?

きちんとした脂肪燃焼効果を得られる方法を知っていただけると、減量にも効果的です。

そこで、今回は「脂肪が燃焼される仕組み」についてお伝えします!

脂肪は、筋肉に取り込まれてエネルギーとして使われることで燃焼されます。

そんな脂肪が筋肉に取り込まれて燃焼されるまでの一連の流れが、以下の通りになります。

———————————————————————————————————–

①運動(特に有酸素運動)をすると身体にエネルギーが必要な状態になる

②脳から脂肪を分解してエネルギーを作るよう命令が出される

③脳内で脂肪分解を働きかけるホルモン(アドレナリンなど)が出される

④脂肪を分解する酵素である「リパーゼ」が活性化する

⑤「リパーゼ」が脂肪を「脂肪酸」と「グリセロール」という2つの物質に分解し、血液中に放出する

⑥脂肪酸が全身の筋肉に送られ、エネルギーとして使われる。(グリセロールは糖に置き換わる)

———————————————————————————————————–

つまり、脂肪が燃焼される為には、運動が必要という訳ですね!

でも運動してるのに痩せないとお悩みの方、いらっしゃいませんか?

ウォーキングなどの低負荷の有酸素運動だけ行っていても筋肉がつきにくく、脂肪が燃焼されにくい可能性があります。

脂肪を燃焼させるためには確かに有酸素運動が効果的ですが、筋肉量を増やすとエネルギーがたくさん消費される為、脂肪が燃焼されやすくなります。

ですので、筋トレも併せて行った方が脂肪燃焼には効果的ですよ♪

脂肪を効率よく燃焼させるための詳しい運動方法について知りたい方は、ぜひからだプランニングまでお尋ねください!