今回は動脈硬化のお話です。

 

健診などで生活習慣病を指摘されたことのある皆様、動脈硬化の恐ろしさをご存じでしょうか?

 

動脈硬化とは全身に栄養分を送る「動脈」という血管の壁が厚くなったり硬くなったりする病態で、最悪の場合血管が詰まったり破裂したりします。

 

動脈硬化が進行すると、心臓の血管が詰まる「心筋梗塞」や、脳に栄養を送る血管が詰まったり破れたりする「脳卒中」を引き起こす原因になります。

 

日本人の4人に1人はこれらの動脈硬化による心臓や脳の病気で亡くなっているという統計もあります。

 

この動脈硬化を引き起こす原因には、糖尿病・高血圧・脂質異常症などの生活習慣病が大きく関わってきます。

 

ちなみに、運動には生活習慣病を改善し、動脈硬化の進行を予防する為に有効であるという医学的証明があります。中でもウォーキングやエアロバイクなどの有酸素運動という運動には、非常に高い動脈硬化の予防効果があります。

 

有酸素運動には個人に適した運動負荷がありますので、動脈硬化を予防する為の最適な運動療法については、ぜひ「からだプランニング」へご相談ください。